日本人でピンク色の乳首はレア!?

日本人でピンク色の乳首はレア!?

日本人でピンク色の乳首はレア!?

日本人でピンク色の乳首をしている女性は非常に少ないです。

 

逆に白人女性だと、ピンク色の乳首を持っている方が多い傾向があります。

 

なぜなら、日本人と白人とでは持って生まれたメラニン色素の量に大きな違いがあるからです。

 

乳首の色とは少し話がそれますが、人種よって肌の色が違うのはメラニン色素の量が関係しています。メラニン色素が少ない人ほど肌が白く、メラニン色素多い人ほど色黒の肌になります。

 

そう、これは乳首の色にも言えることなのです。乳首も肌ですからね。

 

黄色人種は、白人女性に比べるとメラニン色素の量が多いため乳首の色が茶色又は、黒っぽい色になる人が多いのです。

 

つまり、黄色人種である日本人は先天的に乳首の色が黒っぽいのは当たり前のことなんですね。乳首が黒いことで「遊んでいる」や「男性経験多い」など勝手に言われるのは言語道断な訳です。

 

でも、黒い乳首は本当に嫌だからどうにかしたい!何か方法は?

 

やはり女性なので、「できれば見た目キレイな乳首だと思われたい」という方もいると思います。それが、好きな人の前でならなおさらです。彼氏や好きな人が黒乳首に対して間違った偏見をもっていたら変な誤解されて、最悪フラれてしまうことも....

 

でも安心してください。乳首の色を薄くしたり、ピンク色に近づける方法はあります。理屈的には簡単なことです。

 

先にも触れたとおり、乳首のメラニン色素の量を減らせばいいわけです。

 

メラニン色素の量を減らす方法としては、美白クリームを塗ったりや専門のクリニックでレーザー治療を行うなどがあります。

 

いきなり病院やクリニックだと、人の目や金額が気になりますよね...

 

家で気軽に改善したいって方は乳首用の「薬用美白クリーム」を塗ることからはじめるのもアリです↓

 

結果重視の黒ずみ対策なら→<<ホワイトラグジュアリープレミアム>>